忍者ブログ
みかの原 わきて流るる泉川 いつみきとてか 恋しかるらむ / 素人目線で、好き勝手に芝居のことを綴るブログ。
○ Admin ○ Write ○
[73]  [72]  [71]  [70]  [69]  [68]  [67]  [66]  [65]  [64]  [63
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

歴史もの&アッキー出演で、張り切ってチケットを買ったものの…。
ネルケの舞台と知って少し不安が湧き上がり、俳優陣を見る限りは全員に殺陣・立ち回りを期待するのは厳しそうだなぁと感じました。
そしてその後に内容が詳しく発表されて、更に不安が増しました。
あまり女性向な話ではないかもしれない、と。
欲に溺れる信長かぁ…どう表現するんだ?
とりあえず、過度な期待はせずに、少しでも楽しめればいいかな&アッキーを見にいく!の心づもりで行こうと思っていました。

そして、あぁやっぱりそう来るかというオチ。
細かい内容としては愛憎劇のようなものも含まれ、随所に「所詮女は」的なところがあって、原作上&時代背景的にも男性視点の物語(ひどく不快になるほどではなかったけれど)だなぁと感じました。
ですが、観方を変えれば信長と光秀の関係が少女漫画のような「苦境にある姫と救出する白馬の騎士」のように見えたりもしました。
本能寺の炎の中、後ろから抱きしめるようにして女物の着物を信長に着せ、言い放った光秀の「女子供に手を出すな!」にジーンときたり。

ここまでは良かったけど、結局光秀が生きていたのは…あれ?
命を賭して救いに来たのだとばかり思っておりました。
それほどの愚行をしても、信長の命を救うのだと、結局それが光秀の「愛」という奴だったというオチだと勝手に思ったので。
まぁ生きていた以上、天海和尚だったというところに落ち着くのはありがちですが。(そんな噂も実際にあるし)

それより何より、演出上のこと。
たまに入る変なダンスというか踊りっつーか、あれはちょっとどうなんだろう?
ラストの方でアッキーが歌うんですが、その横で信長が踊っているのを見て、ぽかーんでした。
…笑えと?

あと、背景。
何かと映像が出るんですが、どれも安っぽい!!
特にラストの薔薇が舞っているのには頭痛すら感じた。
ひどい、酷過ぎる…;;
もう少し映像美術は練って作ってほしいです。
演出家、よくOK出したなぁ…。
まぁ、あの踊り入っちゃうくらいだから仕方ないか。
あれで相当薄っぺらく感じましたよ、芝居が。
とっつきやすく、分かりやすく、軽くするのと、薄っぺらく、安っぽくするのは似てるけど、全然違うと思うんですが。
できれば、そこらへんの演出を変えたものを再演して欲しいです。

それにしても、あッキーも以前より成長したなぁと感じられて良かった。
殺陣も想像していたよりも安定していました。
ただ、もう少し上手くならないと「強く」は見えないかな。
もうちょっと研鑽積めば、もう少しは上手くなりそうだけど。
頑張ってほしいです。
 
黒木メイサさんも想像していたより「信長」を演じられていたと思う。
切り替えがきちんとできていて、観る側にもそれがちゃんと伝わっていた。
そして、めっちゃ美人でしたv
観る前におもっていたよりもいい舞台でした。

拍手

PR
この記事にコメントする
NAME
SUBJECT
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
01 2018/02 03
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
観劇予定&履歴
みんなで作るみんなで楽しむ演劇クチコミサイト、演劇ライフ
フリーエリア
演劇・役者応援バナー

▲中の人をこっそり応援しています!!
プロフィール
HN:
felicia
性別:
女性
職業:
社会人
趣味:
いろいろ。とりあえずここでは芝居?
自己紹介:
演劇・役者応援バナー
ブログ内検索
バーコード
お世話になっていますv
忍者ブログ[PR]
◇ snow white ** ◇ ◇ hanamaru. ◇