忍者ブログ
みかの原 わきて流るる泉川 いつみきとてか 恋しかるらむ / 素人目線で、好き勝手に芝居のことを綴るブログ。
○ Admin ○ Write ○
[67]  [66]  [65]  [64]  [63]  [62]  [61]  [60]  [59]  [58]  [57
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

昨日は予定通り、ミュージカル『The Game of Love ~恋のたわむれ~』を観てきました。

久しぶりの岡さんの歌声にしびれた!
博多座『ミス・サイゴン』から2カ月。
何だかとっても久しぶりな気がしました。

ロマンチック・コメディ・ミュージカルとの言葉どおり、小さな舞台と最小限の舞台装置にもかかわらず、とてもロマンチックな世界観が展開されていました。
その中で、魅力的な女性が入れ替わり立ち替わり舞台を彩り、時に切なく、時に悲しく、時に滑稽で、時に恐ろしく…(((( ;゚Д゚))))ガクブル

女性陣はさすがに歌が素晴らしくて、安心してみていられました。
音外れや声の裏返りなどを全く気にせずに見られるというのは、想像以上に安心感があって芝居に集中できるんですねぇ…。
改めて思った次第です。

言葉のやり取りも、チェロやバイオリンなどの生の音も、オッフェンバックの音楽も、軽妙で軽やかで優しく上品。
衣装も煌びやかで美しく、皆さんの身のこなしの美しさに映える!
姿勢の良さは2割増って、本当だわ…と下世話なことを考えてみたり。

岡幸二郎さんのアナトールが、実に誠実で不誠実で、美しいのに醜くて良かった。
恋に恋し、その恋に裏切られ慰められ、翻弄され焦がれる優男。
そしてそれをひきたてたりフォローしたり災難を被ったり、何かと大変だけれど、存在感のあるストーリーテラーのマックス・今井清隆さん。
フランツ・日比野啓一さんの大げさな動きが、妙にツボにはまって楽しかった。
そして流石の貫録のイローナ・寿ひずるさんが、この芝居のなにもかもすべてを掻っ攫って行った感じでしたね。
彼女のためにこの舞台はあったと言っていいかもしれない(笑
たくさん笑って、ちょっぴり憂いを感じる素敵な舞台でした。

拍手

PR
この記事にコメントする
NAME
SUBJECT
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
観劇予定&履歴
みんなで作るみんなで楽しむ演劇クチコミサイト、演劇ライフ
フリーエリア
演劇・役者応援バナー

▲中の人をこっそり応援しています!!
プロフィール
HN:
felicia
性別:
女性
職業:
社会人
趣味:
いろいろ。とりあえずここでは芝居?
自己紹介:
演劇・役者応援バナー
ブログ内検索
バーコード
お世話になっていますv
忍者ブログ[PR]
◇ snow white ** ◇ ◇ hanamaru. ◇