忍者ブログ
みかの原 わきて流るる泉川 いつみきとてか 恋しかるらむ / 素人目線で、好き勝手に芝居のことを綴るブログ。
○ Admin ○ Write ○
[42]  [41]  [40]  [39]  [38]  [37]  [36]  [35]  [34]  [33]  [32
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

一晩経って。
本当に幻だったのかと思うくらいの空虚感。
そして、今思い出してもうるっと来てしまう。
ここ最近の芝居で泣かされた記憶は、去年『おくりびと』を観た時と、その前のゲキ×シネで『SHIROH』を観た時くらい。
それもこう、うるっと来るくらいだったから、本当に涙流して泣いたのは…どれだけぶりだろう?
トゥイにハマりすぎていたのは認めますが、それだけじゃなく、やっぱり『ミス・サイゴン』という芝居全体の力だと思います。

それにしても、今読み返してみると、昨夜は胸いっぱい過ぎてまともなレポじゃないですね;;
まだ何というのか…こう、一杯いっぱいですが、数日に分けて思いだしたことを、少しずつ書いて行こうと思います。

市村エンジはいつもよりも細かく笑いを取っていましたね。
ストレートに芝居をするところと、小さな笑いを取るところのバランスは本当に絶妙。
小物臭は薄いけれど(やっぱりどう見ても大御所w)、エンジニアの心の動きに納得がいきます。
ダンスのキレもよかった。
いつも以上だったと思います、最後だったからかなぁ?

岸さんのことは、実際あまり良く知らないのですが、カテコでのお話によれば、以前はアンサンブルで参加だったそうですね。
夜は羽目を外すけれど、普段は折り目正しい真面目なジョンが見えました。
11日ソワレから7連投とは思えないほど、声も安定していて、歌い方も綺麗。
休みなくだから相当疲れているでしょうに、素晴らしいジョンでした。
これからが楽しみな方です。

ほのかエレンの、歌の伸びと歌い上げる力は流石だなと思います。
声的には掠れもあって(お疲れだった?)かなり辛そうでしたが…、それでもあそこまできちんと歌えるというのはやっぱり実力・底力だなぁと。
もっとほのかエレン、観ておけばよかったです。
キムとエレンがホテルで出会ってしまうシーン。
私が観るときには大抵いつもキムが落としたメモをエレンが拾っていましたが、千穐楽ではたまたまメモ紙がどこかへ行ってしまい、拾えませんでしたね。
あそこでメモを拾うところは、エレンを演じる方によって微妙に違うので、拾う時の仕草や、一瞬ためらう雰囲気、拾ってからの切ない表情など、あの短いシーンでいろんなエレンの姿が見られて好きなシーンでした。
あぁ、今日のエレンはこんな気持ちで演じているのかなとか、キムに対しての感情など、いろいろ想像できるところだっただけに、個人的にはとても残念でした…。

ラストシーンで、エンジニアが抱き上げていたタムを下ろし、自分の足元に引きよせるようにぎゅっと抱きしめた後、ふらつきながらキムを見に行きます。
それから幕が下り始めて、エンジニアは振り返り、タムへと両手を伸ばしかけたところで幕。
ここは前回観た時と同じだったのですが、エレンが違っていました。
前回はタムの手を取ってうつむき、その手に額を押し付けていましたが、今日はタムをしっかりと抱きしめていました。
あそこまでぎゅーっと抱きしめるのって、今までなかったような…?
最後の最後のエレンは、タムを引き取り、キムの願いをかなえることを決意したんでしょうか。
『ミス・サイゴン』の演出上、本来はタブーなのかもしれませんが、ほのかエレンらしい最後でした。

3月のソニンキムは、ものすごく猫背で何だか怖いくらいの雰囲気がありましたが、昨日のキムはそれがあまりなかったです。(多少猫背だったけど
それは決して、いつもの勢いがない、熱さがないということじゃない。
とても自然体だった感じでした。
芝居が気合いだけで前へ進んでいるというよりも、いつもの『なにか降りてきてる?』っていう雰囲気もありつつ、台詞ひとつひとつや表情の作りが、上手くコントロールできている感じ。
本来の、一番ベストなソニンキムを見られたような印象を受けました。
このキムなら、確かにクリスも惚れるかもしれない。

アメドリやブイドイ、ヘリのシーンでの群舞など、アンサンブルの皆さんの勢いと熱気も凄かった。
すべて出し切るという雰囲気が前面に出ていて、正直圧倒されました。
彼らが舞台と客席のあの熱を作り上げたといってもいいかも。
そう思うくらいの熱い舞台でした。

そういえば、泉見さんは千穐楽が219回目のトゥイでした。
219回死んだということ、とそんな話が出ていましたね。
イベントの度に仰っていたことでもありますが、愛とは何か、トゥイを通していつも自問自答しながら演じてきたこと、自分なりに究極の愛について考えていると。
そして必ず、これを機会に愛について考えてみてくださいと。
…泉見さんにとっての究極の愛は、見えたのかな?
色紙の言葉通り、トゥイの愛を貫けたのかな?
トゥイを、その人生を、最後の舞台で、納得のいく形で生きられたかな?
だったらいいけど…そうであったことを祈ります。

拍手

PR
この記事にコメントする
NAME
SUBJECT
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
08 2018/09 10
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
観劇予定&履歴
みんなで作るみんなで楽しむ演劇クチコミサイト、演劇ライフ
フリーエリア
演劇・役者応援バナー

▲中の人をこっそり応援しています!!
プロフィール
HN:
felicia
性別:
女性
職業:
社会人
趣味:
いろいろ。とりあえずここでは芝居?
自己紹介:
演劇・役者応援バナー
ブログ内検索
バーコード
お世話になっていますv
忍者ブログ[PR]
◇ snow white ** ◇ ◇ hanamaru. ◇