忍者ブログ
みかの原 わきて流るる泉川 いつみきとてか 恋しかるらむ / 素人目線で、好き勝手に芝居のことを綴るブログ。
○ Admin ○ Write ○
[91]  [90]  [89]  [88]  [87]  [86]  [85]  [84]  [83]  [82]  [81
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

芝居を堪能したあとの、電車に揺られて帰るこの時間が好き。
ひとつ、ひとつ思い出しながら、受け取ったもの、感じたことなどを咀嚼する時間。
改めて思いを深めたり、思い返して初めて気付いたり、…思い出せなくて凹んだり。

なんか、映像っていい。
舞台とはまた違った面白さ、魅力がありますね。
面白かったし、いろんな刺激を受けました。

まずはイベント自体のことから。

10時開始でラストが14時、インターミッションは15分。
実際にはもっと休憩時間はあったんですが、それでも14時までだとちょっとお腹が空くね。
Bパートの上映中、後ろからお腹の虫が鳴く声が聞こえてきて…。
結構聞こえるもんだなぁとか、頭の隅で考えてました。

入ってすぐ、センターの席を勧められたんですが、センターのスクリーン前にプロジェクターが設置されていたことと、前に背が高い人が座ったら見えないなと考えて、下手通路側に座りました。
経験上、客席に段差がない(パイプ椅子とか)場合、上手または下手寄り、尚且つ前方席の通路側だと、丁度視界に障害物がなくなって見易くなる事が多いと知っていたからの行動でした。
案の定、視界良好。
落ち着いて観ることができました。
会場は席も座り心地が良くて、長時間でも問題なし。
こじんまりしていて、いい会場でした。
客席に高低差がなくて少し見辛いけど、もともと福祉関連の施設だから、床がフラットなのは仕方ないかな。

客層は、多分関係者、身内が殆んどだったのかな。

インターミッション中、アンケートを書いていたら、急に客灯が落ちて焦りました。
プロジェクターの調整を始められたみたいだったけど、その前に一言あるといいね。(今からプロジェクターの調整を行いますので、一時的に照明を落とすことがあります、ご了承ください…とか?

暗闇ではどうしようもないので外に出たけど、ソファー周りには機材が色々出してあるし、作業中か?と思うと傍にも寄れない、そんな状態だから、ソファーにもなんとなく座りづらい…。
まぁ仕方ないか~と、アンケート記入は諦めて別のことをしてました。(ちょっぴり仕事モード
アンケートは帰り際にちょっとだけ書いたけど、書こうと思ってたこと忘れちゃったから、あんまり書いてない。
ほんと、記憶力0は伊達じゃないねッ☆
…あー、ヤダヤダ。
誰か記憶力を分けてください…orz


『EGO RHYTHM』の音楽、やっぱり素敵でした。
台詞がまったくなくて、ずっと映像と音楽だけで進んでいくんですが、それでもきちんと情景が浮かんでくる。
優しいシーンはあったかくなるし、炎に呑まれるシーンはドキドキしたし、想いが溢れてくる感じ。
耳にも心にも馴染む気がする。
って言えるほど聴いた訳じゃないんだけど…。
でも、森さんの音は、やっぱり、好き。

井口さんは、台詞が走りすぎるところがあると思う。
いつも勿体無いと思うのです。
もう少し、丁寧に発することができると、深みが違うと思うんだけど。
たまに凄く上っ面だけを撫でるような台詞があって、とっても残念。
でも、なんだか見てると楽しくなる。
なんだろう、不思議。
応援したくなるんだよね~。
とりあえず、もっと井口さんの芝居を見たいなと思います。

総合的にみて、行って良かったなぁって思いました。
自主製作の映画っていうものに対する印象も、変わった気がします。
舞台と違って映像の作品って、なんだか自分の内面に直接響く気がする。
息遣いが近いっていうか…。
舞台にはそういう芝居がないかというとそんなことはないんだけど、より一層って言う意味で。
…『Drop』の印象のせいかもしれないんだけれど;;
また次の機会があれば、ぜひ観たいです。
Room#Fのサイトを定期的にチェックしようと思います!

本日は目を酷使したため、恒例の(?)頭痛が出てます。
原因はわかっていても薬が効かないので、とりあえず寝て誤魔化したいと思います♪
そんなわけで、早いですがおやすみなさいませ…。

以下、続きはちょっとシリアスな(重いっていうかイタい感じの)お話なので、読まなくても平気。


Bパートの話は、自分にもほんの少し重なる所があって、ちょっと苦しくなった。
特に『Drop』
自殺ってさ、残された方はキツいよね。
忘れようとしても、忘れられるものじゃないし、何でって考えても答えなんかないし、第一答えてくれる人がもういない。
そもそも追い込んだのは、私の存在かもしれないし。(って考える
それどころか、背中を押したのすら、私なのかもしれない。(って思う

そんな負に向かうことばかり考えながら、出口のない暗いトンネルの中、ただもがくだけ、一生。
ふとした瞬間のいろんなことが、あの人に繋がる。
その一瞬でフラッシュバックする。
当時に一気に感情が戻る。
叫び出したくなる。

よく時間が解決するっていうけど、解決するどころか泥沼っていうものも世の中にはあるって思った。
自分に多少なりとも非があると思えば尚更…。

そんな中で、それでも人と関わろうとする、栗林さんが演じていた人の姿に感動した。
なんか理想。
ああいう風になれたら良かったのにって思った。
そしてそんな風に彼が変われたのは、友人との出会いがあったからなんだよね、きっと。
何だか羨ましくて、眩しかった。
でも、もし私も変われたなら、あんな生き方が出来るかもしれないんだよね…って思ったら、少しだけ気持ちが軽くなった。

そんなわけで、井口さんに感謝したいです。
「籠の鳥」での出会いがなければ、この作品との出会いはなかったから。
もしも観ることがなければ、こんなふうに考えられなかったと思うから。
本当に、心から、ありがとうございました!

拍手

PR
この記事にコメントする
NAME
SUBJECT
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
08 2018/09 10
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
観劇予定&履歴
みんなで作るみんなで楽しむ演劇クチコミサイト、演劇ライフ
フリーエリア
演劇・役者応援バナー

▲中の人をこっそり応援しています!!
プロフィール
HN:
felicia
性別:
女性
職業:
社会人
趣味:
いろいろ。とりあえずここでは芝居?
自己紹介:
演劇・役者応援バナー
ブログ内検索
バーコード
お世話になっていますv
忍者ブログ[PR]
◇ snow white ** ◇ ◇ hanamaru. ◇